メニュー
menu



企業紹介マンガ

新規学卒者の採用では企業説明会を行うことが一般的でしたが、最近ではオンラインでの 企業説明会も増えてきました。 
しかしオンラインでの説明会や、または動画での企業説明は、動画を見続けなくてはならず、時間が束縛されてしまいます。
   
そこでマンガを活用した企業紹介を行う会社も増えております。
マンガは自分のペースで読むことが出来ます。
またマンガなら親や知人にも見せやすく、そのマンガを見た人の共感を得られると 入社へ促してくれる効果も期待できます。

 最近では就職先を決定するのに親に意見を求める学生も増えていますので、親への アプローチは重要です。
   
こう言った視点から考えましても、企業紹介をマンガで行うことは効果が期待できます。

こんな方にオススメ
MENU

  • 良い人材を採用したい

    良い人材を採用するための第一歩は、自社の良い所を伝えることです。 良い人材の元には、多くの企業からアプローチが届きますが、その中から自社の情報を手に取って見てもらう必要があります。 マンガは手に取って見てもらいやすい表現方法です。 

  • 対面・集合時間を 減らしたい

    マンガならオンラインで配信したり、冊子にして郵送も可能です。 対面や集合時間を減らす有効な手段として活用する企業が増えています

  • 内定辞退を減らしたい

    先輩社員は『当たり前』と思うことでも通じない人が増えています。 ちょっとしたことでも揚げ足をとり労働トラブルに発展させられ、真面目な先輩社員が疲弊し、退職されてしまいます。 そんなトラブルを事前に防ぐためにも入社前に就業規則を徹底することは重要なのです。 

業規則マンガ 

採用を告知後に直ちに雇用契約を結ぼうとするケースが見受けられますが、雇用契約締結の前に就業規則を理解させることが大切です。
『これくらは分かってくれているだろう』という先輩の常識が通用しない人も増えているからです。
しかし就業規則を説明するのは手間と時間がかかる。
その手間をなくすために、就業規則をマンガで表現する会社が増えています。
マンガ人事.comでは、アフターフォローも充実していますので、一度作ったマンガは安心して末永くご活用頂けます。

こんな方にオススメMENU

  • モンスター新人を防ぎたい。 またはビシッと指導できるようにしたい

    無断欠勤や連絡なしの遅刻など、いわゆる『モンスター新人』にイライラさせられる先輩社員の被害が増えています。
    就業規則を事前に理解させ、同意を得た者だけを入社させることによって、こういったモンスターを指導しやすくなります。 

  • テレワークなどの
    新しい勤務形態にも
    就業規則を対応させたい

    就業規則には『勤務時間』や『勤務場所』などの定めが記載されています。
    しかし最近ではテレワークの普及に伴い、自宅で仕事をさせるケースも増えています。
    これに対応した就業規則を作成するさいに、マンガで表現される企業も増えています。 


  • 労働トラブルを防ぎたい

    先輩社員は『当たり前』と思うことでも通じない人が増えています。
    ちょっとしたことでも揚げ足をとり労働トラブルに発展させられ、真面目な先輩社員が疲弊し、退職されてしまいます。 そんなトラブルを事前に防ぐためにも入社前に就業規則を徹底することは重要なのです。 

マンガマニュアル 

単なる作業手順書ではなく、企業理念に基づいた描写ができます。
先輩社員の労力も削減されますし、新人スタッフも分かりやすく学習できます。
外国人労働者が多い職種は特に高い効果が発揮されます。
このマニュアルを使って研修(オンライン含む)を行えば、助成金の対象になる場合がございます。
マンガ制作.comでは助成金のご紹介・手続きのご支援も、ご要望に応じて行えます。

こんな方にオススメMENU

  • 作業だけではなく
    経営理念も伝えたい

    昭和はロイヤルティ(忠誠心)の時代。平成はモチベーション。そして令和はエンゲージメント(貢献意欲)の時代と言われています。単なる作業手順だけでなく、その作業が何につながっているのかを伝え、熱意を高めるのはマンガマニュアルが力を発揮します。 

  • 対面・集合時間を
    減らしたい

    マンガならオンラインで配信したり、冊子にして郵送も可能です。 対面や集合時間を減らす有効な手段として活用する企業が増えています。 

  • 助成金を活用して
    コストの負担を減らしたい

    国は企業が社員教育を通して人材の質を高めてくれることを期待しています。助成金とは、そういった国の期待に応えようとしている会社に対して支払われる報奨金です。助成金を目当てに社員教育をするのはおかしな話しですが、人材育成への投資には国が補助してくれますので、積極的に取り組んでみませんか。 

修テキストマンガ 

数字や法律などをマンガでストーリーを作って説明すると理解度がアップします。
したがって、マンガを読んで頂くだけで研修の時間を大幅に削除できます。
また、研修(オンライン含む)は助成金の対象になる場合がございます。
マンガ人事.comでは、ご要望に応じて助成金のご紹介・手続きのご支援も可能です。

こんな方にオススメ
MENU

  • 教育効果だけでなく
    効率も高めたい

    研修のテキストを、ストーリーを持ったマンガにして参加者に事前に配布しておくと、事前に読んでから研修に参加する人が増えます。
    研修内容を事前に知ってから参加してくれるので、研修では質疑応答の時間さえ設ければ、効率良く効果的な研修が行えます。(これは私の実体験です) 

  • 対面・集合時間を
    減らしたい

    マンガならオンラインで配信したり、冊子にして郵送も可能です。
    対面や集合時間を減らす有効な手段として活用する企業が増えています。 

  • 助成金を活用して
    コストの負担を減らしたい

    国は企業が社員教育を通して人材の質を高めてくれることを期待しています。
    助成金とは、そういった国の期待に応えようとしている会社に対して支払われる報奨金です。
    助成金を目当てに社員教育をするのはおかしな話しですが、人材育成への投資には国が補助してくれますので、積極的に取り組んでみませんか。 

人事制度説明マンガ 

最近は結果(成果)だけでなく、プロセスや仕事への取り組み姿勢にも評価の重点を置いた人事制度が増えています。
ただ、定量的な成果は達成・未達の評価がハッキリできますが、定性的な取り組み姿勢を評価するのは困難です。
そのため、人事制度では評価される行動を項目として掲げ、それを第三者(一般的には上司)が考課します。
しかし、この考課の元となる基本原則の人事制度を社員に理解させるのに苦労している会社が多いです。
そこでマンガを活用する企業が増えています。 上手くマンガを活用すると、非対面・非集合でも効率的に人事制度を理解させることが可能です。
人事制度や福利厚生などが正しく伝われば、社員だけでなく社員の家族のモチベーションまでも 高めることが出来ます。

こんな方にオススメ
MENU

  • きちんと仕事をする
    社員には報いたい

    人事制度を社員が理解すると、報われるためには何をすればいいのかが分かります。
    逆に会社側も、きちんと仕事をする社員に報いることが出来ます。 

  • 対面・集合時間を
    減らしたい

    マンガならオンラインで配信したり、冊子にして郵送も可能です。
    対面や集合時間を減らす有効な手段として活用する企業が増えています。 

  • 社員の家族にも会社に
    誇りを持ってもらいたい

    できれば社員の家族にも人事制度を知ってもらうと良いです。
    仕事に理解をしてくれますし、勤めている会社に誇りを持ってもらえます。
    福利厚生が充実している会社なら、より一層の効果が期待できます。
    図や表だけで表現した人事制度を家族に理解してもらうのは難しいですが、マンガなら伝えやすいです。 

マンガ社史・経営者の自叙伝 

『やり方』よりも大切なもの。それは『あり方』です。
『やり方』は時代によって変える必要がありますが、『あり方』がブレると会社組織が崩壊します。
会社の歴史や経営者の自叙伝を、分かりやすいマンガで表現すると、今までの歴史の中から大切にしてきた『あり方』を学ぶことが出来ます。
全社員が『あり方』を共通の認識として持った組織は、社員が自ら考え行動できる組織になります。
社史や経営者の自叙伝だけでなく、最近では大学・学校の創設者の自伝をマンガで表現し、新入生に伝える所も増えています。

こんな方オススメ
MENU

  • 自分で考えられる社員に
    なってもらいたい

    社員の行動の判断基準は、会社の『あり方』から逆算されます。
    判断基準が分かっているので、社員は自ら考えて行動できるようになります。
     

  • ステークホルダーにも
    伝えたい
     

    ステークホルダー(利害関係者)との信頼関係は、会社存続・繁栄の生命線です。社史・経営者の自叙伝などから、その会社が大切にしてきた『あり方』が見えると、その会社に対しての信頼度が増します。  

  • 社員の家族にも会社に
    誇りを持ってもらいたい

    身内(配偶者や親・子など)が勤務する会社には誇りを持ちたいです。社史や経営者の自叙伝が正しく伝わると、その会社に誇りが持てます。マンガなら読みやすく・分かりやすく表現出来ますので、社員の家族からも誇りを持ってもらえる会社になります。